いたわりを伝えましょう

弔電の送り方

依頼者は手間いらずとなっています。遺品整理を宝塚で行なってもらうなら、プロに依頼するのが一番でしょう。

見積もり結果を比較しておきませんか。家族葬を横浜で行なうなら業者選びが大切です。後悔のない選択をしよう。

白い花

親しい関係の方が亡くなり、その方の葬儀に参列できない状況になった時に用いる手法が弔電です。弔電は亡くなった方とその遺族にお悔やみの気持ちや想いを伝える為のもので、サービスとして提供している業者も存在しています。弔電は親しい間柄の有無や送る場所によって種類が異なります。例えば法事に送る弔電は配達の指定から異なり、約一ヶ月前程前に既に申込をすることができます。葬儀や葬式に送るタイプは直接斎場などを宛先として送ります。自宅葬の場合は自宅の住所宛てに送ります。弔電を送る方法は電話会社や通信会社に依頼するケースが殆どになります。専用台紙を購入することから始まり、近年ではこの専用台紙の数も非常に多岐にわたる種類が登場してきています。価格も様々で、高いもので数万円から安いもので数百円から存在します。価格で選ぶものではなく、それぞれで最適な選び方というのが存在しています。相場としては数千円程度で、それほど親しくないのに数万円の台紙を選んでしまっては遺族から疑問に思われてしまいます。ただ価格が異なるということは金額が気持ちに現れる事になります。親しいのであれば高い台紙を選んでもいいでしょう。台紙を選んだ後は送り先や文面を考える必要があります。略式の文を利用する方法もあり、この場合はオペレーターに番号を伝えます。またインターネットオーダーの場合も番号を入力します。サービス業者のホームページなどに略式文例が記載されています。後は喪主の名前などを伝えれば基本的な流れは完了です。以前はオペレーターにオーダーするのが一般的でしたが、近年ではインターネットタイプも増えてきています。

CONTENTS

弔電のマナー

ろうそく

弔電の送り方は様々な方法がありますが、一般的なマナーはしっかりと守る必要があります。マナーは宗教によっても差があるため、事前にチェックして内容を考える必要があります。

Read more...

Recomend Link

  • こころあ堂

    仏壇を購入したいなら絶対にこちらがおすすめです!サイズやデザインが豊富ですので、お部屋にぴったりなものが見つかります。