弔電の文例

花と数珠

弔電を送る時に困るのが文例の有無でしょう。そもそも書く機会が無いためほとんどの方が躓く事になります。こういう時に頼りになるのが文例集の存在です。弔電の文例集はインターネットで検索するだけでも非常に多く登場します。故人が進行していた宗教によっても書き方が変わってくるため、文例集の存在は非常に効力を発揮することでしょう。探し方は専らインターネットを活用する方法が一般的ですが、最近では弔電に関する書籍も登場しており、より深い内容の文例を確認することが出来るでしょう。

弔電は基本的に故人とその遺族に対する気持ちを表すものです。そのため失礼のないように書く必要があります。特に敬称などは多くの方が間違う事が多い場所です。例えば父と書く時は弔電ではご尊父という使い方をしますし、息子などはご子息や御令息等が用いられます。コレ以外にも敬称は普段からよく使うため意外とそのまま書いてしまう方もいます。文例を参考にする前に、こういった弔電特有の言い回しや表現方法なども気を使ってチェックしてみるといいでしょう。また弔電には使うのを控えるべき言葉というのがいくつかあります。中でも多いのが重ね重ねなどの重複文字です。重複文字は普段の生活でもよく利用されますが、弔電では不幸が繰り返されるという意味を連想させるため、使わないほうがいい言葉の代表的なものです。また単語自体が死を連想させるような単語の使用も控えるべきです。例えば死ぬや朽ちる、倒れるなどがあり、死ぬ等はご逝去と言い換えるべきでしょう。またご冥福などは仏式特有の用語です。神式や他宗教では適さない事がほとんどです。