弔電のマナー

ろうそく

弔電を送る際のマナーを知っている方は実は多くはありません。その理由として、弔電を送る経験が少ないからです。また不幸に関することなので中々深く教えるという文化がありません。そのためマナーを知らずに送ってしまうというケースがあります。参列が出来れば弔電を送る必要はありませんが、どうしても参列できず送らなければならない時も訪れるかもしれません。こういう時にスムーズに送るためにはやはりマナーを知っておくほうが良い場合もあります。

弔電を送る時のマナーとして訃報の連絡を受けた際のチェックがあります。このチェックには葬儀に関する日時や場所、故人が進行していた宗教、喪主の名前などがあります。これら情報を確認した後、スケジュール的にどうしても参列するのが難しいという場合に初めて弔電を検討します。検討の結果、弔電を送るのが妥当だと判明した時に実際に弔電を送る準備を行います。まずこういった送るか送らないかの判断をすることもマナーの1つです。実際に送る際は内容に関しても考える必要があります。まずは送り先は葬儀を行う場所です。自宅で行うなら自宅先、葬儀場であれば斎場気付に送ります。宛名は喪主宛が一般的ですが、分からない時は故人の名前にご遺族様と付けて送るのもマナーとしては問題ありません。実際に送られた弔電は葬儀場で読まれることもあります。そのため場においてふさわしい内容で書くことを心がける必要があります。内容の書き方は様々な様式があるため、その都度チェックしておきましょう。ただし気をつけるポイントとして宗教上ふさわしい言葉選びというのがあります。例えば仏式であったとしても、宗派によってふさわしい判断は異なり、言葉選びは意外と面倒です。遺族に対しては心ない言葉選びと感じてしまうこともあるため、しっかりとチェックしておきましょう。